B型肝炎訴訟相談料

相談弁護士にB型肝炎訴訟を依頼した場合、様々な手数料とともに相談料を支払わなければなりません。しかし近年では、どこの弁護士事務所も無料で相談に乗ってくれる場合も多く、相談料は無料という弁護士事務所が増えてきました。また、こうした訴訟にかかわる着手金も無料という場合もあり、詳しく相談を行う前にこうした料金の問題をあらかじめ聞いておくことも大事なこととなります。

さらに、弁護士へ相談する際のポイントとしては手数料や着手金も含め、どのくらいの裁判費用がかかるのか、そして裁判にかかる日程や時間なども聞いておくことで、その後の予定が非常に整えやすくなるということが挙げられます。弁護士費用に関しては、弁護士事務所や所属する団体の弁護士によって変わりますが、給付金の何パーセントといったぐあいの割合で弁護士費用が発生します。したがって、給付金がどのくらいもらえるかによって、弁護士に支払う費用も変わっていくのです。

また現在、このB型肝炎訴訟に関して言えば、弁護士費用が給付金の6%、国から4%支給されています。大事なお金の問題ですので後回しにせず、疑問に感じた思いはこうした弁護士に尋ねれば、気さくに対応してくれることでしょう。

Pocket

B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟については、だれしもB型肝炎になったからと言って、訴訟を起こせるものではありません。訴訟を起こすには、これまでの事例にのっとった方法で裁判所に行く必要があります。裁判に詳しい方であれば、これが民事訴訟になることはお分りになりますが、おそらく大多数の方は法律にうとく、裁判所に提出する書類や裁判の経緯など、何かと小難しいことと考えるでしょう。

弁護士しかしこれらの労力は、法律の専門家に任せるのが一番で、民事訴訟に関しては専門の弁護士に依頼することで、煩わしい裁判に関わるほとんどを弁護士に任せることができます。B型肝炎訴訟に関しては、すでに基本合意書と覚書きが存在していますので必要な書類さえすべて事前にとり揃えておけばさほど難しいものではないのです。

弁護士の選定に関しては、当然このB型肝炎訴訟に詳しい弁護士に任せることが重要で、数多くの事例をこなしてきた弁護士は、こうした訴訟に関してもスムーズに仕事をこなしてくれる事でしょう。B型肝炎訴訟に詳しい弁護士かどうかは、直接弁護士事務所に訪ねになるのが手っ取り早く、気軽に答えてくれますし、相談の内容によっては適切なアドバイスも行ってくれます。

Pocket

B型肝炎訴訟の経緯

お金B型肝炎に関する給付金は、子供のころに受けた集団予防接種によるウイルスに感染した方々に対して行う給付金で、これはその後このキャリアとなった人から感染した方も含まれます。当然女性の場合、その後未発症のまま大人になり、キャリアのまま妊娠出産を迎え、赤ちゃんの出産時に感染した場合も含まれています。現在、この給付金について、病態に応じた50万円から3600万円ほどが、現在までに支払われています。

実際の給付の認定については、この救済要件に合致しているかどうか、これを各自証拠となるものに基づき確認していくことになります。したがって、この訴訟に関しては、個人レベルで行うよりも専門家の弁護士などに任せた方がよりスムーズにいくことになるのです。

B型肝炎訴訟の経緯については、これまでの説明通り、幼少の時期に受けた集団予防接種などの注射針や薬液による感染によるもので、その後国に対して損害賠償を求めて集団訴訟を起こしました。その結果、平成23年に国と原告との間で基本合意書と覚書きが取り交わされ、基本的な合意がなされることになったのです。さらにその後、除斥期間を経過してしまった死亡、肝がん、肝硬変事例についてもそれぞれ給付金が支払われるようになりました。

Pocket

B型肝炎は救済対象

日本は過去において、このB型肝炎が猛威をふるった時期があります。それは、昭和の高度成長期にあたる時期で、集団予防接種が全国の小中学校で行われていた時期でした。当時こうした医療機関では、注射針を介したウイルスの感染は予想されておらず、ツベルクリン注射の反応検査やさまざまな予防接種の注射により、思いも寄らぬ感染が広まりました。

ベビー肝炎ウイルスに関して言えば、感染したとしても全員が発症するとは限らず、気がつかないうちに自分がウイルスを体内には保有するキャリアとなっていた事を、二次感染によって知るということもあったのです。特に女性の場合は、妊娠し出産するという営みがあり、出産時の母子感染によって図らずも生まれたばかりの子さんに感染してしまうという事例も発生しました。当時、この予防接種の注射針が原因で、感染した感染者は推定で40万人以上とも言われ、厚生省は迅速な対応に迫られることになります。もちろん全国で訴訟が起き、正式な国家賠償が行われたのです。

この訴訟はもちろん現在も有効で、集団予防接種が始まった昭和32年から昭和63年1月27日までの間に、こうした予防接種を行い、B型肝炎に感染した事が分った場合、給付金が下りる可能性があります。ただし、この給付金を正式に受け取る場合には、国を相手とする国家賠償請求訴訟を裁判所で提起する手続きを行い、国との間で和解等を行う必要があることだけは理解しておきましょう。

Pocket